0120-306-376

【集中力の高め方と身体の基盤】

こんにちは!税理士法人FLOW会計事務所の正木です!

前回までの投稿に引き続き、今回は集中力のアップにつながる身体の基盤について投稿しようと思います。

まず、集中力を高めるための大前提となるのが「身体の基盤を整える」ということです。

そのためには良質な睡眠や、バランスの偏っていない食事をとることが重要になります。

しかし忙しい社会人の方や学生の方など、1度にたくさんのことをするのはなかなか大変だと思います、

そんなときは、下記の2点を意識してみてください!

①朝日を浴びる

②朝ご飯を食べる・朝甘いものを控える

それぞれ細かく見てみましょう!


①朝日を浴びる

朝日を浴びると人間の身体はリセットをされて、夜きちんと眠くなるというサイクルができます。

そして夜は7時間半程度の睡眠がベストだといわれていますが、忙しく睡眠時間の確保ができない方もいると思います。

その場合は寝る1時間前から部屋の明かりを間接照明のみにして、寝るときはしっかり暗くして寝る。

そして朝目覚めたら朝日を浴びる、これだけでも睡眠の質が格段に上がります。

②朝ごはんを食べる・朝甘いものを控える

朝ごはんも甘いものもエネルギーになることに変わりはありません。

しかし甘いもの、つまり砂糖は血糖値を急激に上げ短時間で切れてしまうため、集中力を継続させることには不向きです。

短時間の集中のためなら朝から甘いものを食べることも有効ですが、1日の集中力継続のためには3食しっかり食べ、そのエネルギーで活動することを心がけましょう。

また、脳が疲労してきた時は間食により、集中力を高められることもあります。

そんな時は眠気覚ましならカフェイン、脳の疲労回復なら糖を含むものなど、その時の目的に応じて食べるものを変えてみてください。


当たり前のことのよう見えて意外と忙しさから意識ができなくなっている身体の基盤。

少し意識をするだけで集中力は上がります。

ぜひ少しずつ意識してみてください!