0120-306-376

【あなたの融資はプロパー?保証協会付き融資?意味はわかっていますか?】

税理士法人FLOW会計事務所です。

今回は銀行からお金を借りる時のハナシ。

コレ、経営者の皆さん、意外と知らないんですよ。

私「社長!○○銀行からのお借入はプロパーですか?」

社長「(プロパー?なんやそれ?)たぶん、プロパーだよ」

今さら聞けないヤツですね…


◇融資の種類

融資の種類には大きく2つ。

「プロパー融資」と「保証協会付き融資」があります。

◇プロパー融資

金融機関が100%会社を信用して、金融機関がすべてのリスクを負ってお金を貸す融資です。

仮に、会社が倒産して借金を踏み倒した場合、金融機関は貸したお金を回収できなくなります。

そのため、金融機関は信用がある会社でなければプロパー融資は実行してくれません。

◇保証協会付き融資

会社の信用が不足している場合、金融機関は信用保証協会の保証を付けることで融資を実行することができます。

仮に、会社が倒産して借金を踏み倒した場合、保証協会が全部又は一部を代位弁済(肩代わり)してくれるため、金融機関は回収不能リスクを排除することができます。

ただし、保証協会が代位弁済してくれたとしても、融資を受けた会社の借金がチャラになるわけではないのでご注意を。

それぞれのメリデメを見ていきましょう。


◇プロパー融資

メリット:保証料がかからない、保証協会より多額の借入ができる可能性↑

デメリット:審査が保証協会より厳しい、業績の変動にうるさくなる可能性大

◇保証協会付き融資

メリット:保証のない創業期でも借り入れが可能

デメリット:借入額に限度がある、保証料がかかる


創業間もない会社ではそもそも保証がないため、創業期は保証協会付き融資を受け、実績を作ってからはプロパー融資で融資を受けるという流れが一般的です。

以上、簡単ではありますが、プロパー融資と保証協会付き融資についてお話しさせていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。