0120-306-376

【出費を抑える、支出を減らす】

コロナ禍ははや1年に及び、緊急事態宣言の再発出、営業時間の短縮要請・・・

なかなか先の見えない、厳しい状況が続いています。

頑張っている事業者のみなさん、個人のみなさん。

今回は「出費を抑える、支出を減らす」をテーマにアイデアを集めてみました。

規模も内容もまちまちですが、何か1つでもお役に立てれば幸いです。

支出を減らすには、毎月支払う固定経費を減らすのが最も効果があるといわれます。

1度の決断で、そのあとは努力しなくても支出が継続的に削減されるからです。


≪家賃を減らす≫

たいへんかもしれませんが、効果は大きいです。

引っ越す。

家賃値下げの交渉をする、店舗数を削減する。

駐車場を解約する。


≪保険をやめる、払い済みに変更等でこれ以上の支払いを止める≫

日本人のほとんどは保険に入りすぎと言われます。

会社でも、業績の良かった頃に節税対策で始めた保険に、業績が悪くなってもそのままお金を払い続けているケースが意外とあります。

個人のかたも、貯金と違って自由に引き出せない、投資より増えないということを冷静に判断して保険を見直してみましょう。


≪携帯電話、通信費≫

解約できるものはないか、より安いプランはないか、安い会社はないか。

今は安価な選択肢がいろいろあります。面倒がらずに探してみましょう。


≪電気代の基本料金≫

もっと低いアンペアに変えて基本料を下げる。

1度に使わないなど工夫次第で下げられるものです。


≪車の台数を減らす≫

車を持っているだけで税金、保険料、車検代、駐車場代、修理代、タイヤ代など、驚くほど維持費がかかります。

工夫しだいで何とかなれば、思い切って手放しましょう。


≪惰性で続けている契約はないか≫

新聞、ゆうせん、インターネット関係、リースなど。

毎月どんな支払いをしているのか、通帳やカード明細をいちどじっくり見てみましょう。

続いては、事業をなさっているかたへ。


≪固定費から変動費へ。アウトソーシング≫

自社内で設備・人員を置いて生産すれば、高い外注を頼むより利益を生みそうに思いますが、じつは必要な時に必要な分だけアウトソーシングしたほうがスピードアップ、維持費用の減、品質向上、むだな経費の削減につながります。

アウトソーシング(外注)は変動費ですから、売上が少ないときは費用もいっしょに下がり、負担になりません。

対して自社の設備・人員・維持費用は固定費となり、売上が少なくても一定の費用がかってしまうのです。


≪利益の上がらない事業・分野・業務をやめる≫

売上・利益の上がらない事業や業務でも、担当社員は一生懸命頑張り、経費を使用します。

費用対効果の悪い経費が使われ続けることになります。

この状況を見極め、事業継続の判断をすることは担当社員ではできません。リストラ、事業転換を決断するのは経営者にしかできない仕事です。


≪入金は1日でも早く、支払は1日でも後に≫

売上の入金日よりも仕入の支払日が後なら、資金はショートしないわけです。

現実には多様な取引があり単純ではありませんが、とにかく入金が早く、支払が後のほうが資金にはゆとりが出ます。よく気を付けてください。

いわゆる日銭が入る小さなお店がつぶれにくい理由です。

いよいよ資金繰りが厳しくなってきたときには、入金日を前倒しにしてもらう、あるいは支払い日を後ろに延ばしてもらう方法もあります。

が、当然ですが、交渉には信頼関係を損なわないための努力が必要。また、経営が危ないと思われるリスクがあることもお忘れなく。


≪資産の売却≫

使っていない土地や建物、機械は思い切って売却する。持っているだけで、毎年税金やメンテナンスの費用も発生しているものです。

棚卸在庫も確認してください。在庫商品は古くなれば年々値打ちも下がるもの。一掃セールで売ってしまえば現金が手に入るだけでなく、場所代、維持費用も必要なくなります。


≪返済額を減らす、利息を減らす≫

もうすでに行っていらっしゃると思いますが、

・月々の返済額が少なくなるよう、銀行と相談する

・コロナ関連の融資など、金利が低い、元本返済の開始まで据え置き期間があるものを活用する

あきらめずに、積極的に情報収集をしていきましょう。

その他、ちょっとした心がまえ。


≪無駄なつきあいを控える≫

交際費、交通費、ストレスを減らし、時間も手に入ります。


≪急に必要になったちょっとしたものに気を付ける≫

高いものでないならなおさら、今必要だからと購入しがち。

今後も使うのか?似たようなものをすでに持っていないか?と考えてください。

さいごに

支出を増やすのは簡単ですが、減らすのは難しいものです。

でも、出て行ってしまったお金はもう戻りません。

勇気を出して、思い切って早めに行動に移しましょう。

後になってから「あのときにこうしていれば・・・」と後悔しないために!